« マインドシェアの獲得 | トップページ | 呉服関連教育ビジネスへの挑戦 »

2010年3月15日 (月)

きものはリアルクローズなのか??

「リアルクローズ」この言葉に悩まされている。直訳すれば「現実的な服装」である。先に開催された東京ガールズコレクションはこのリアルクローズが大テーマである。今までのファッションショーは東京コレクション、ミラノコレクション、パリコレクション、NYコレクションなどデザイナーがファッショントレンドを構築しそれぞれの想像力やブランドポリシーなどを形にして発信するもので、その物自体は「リアル」ではない。

東京ガールズコレクションはその逆でリアルである事がコンセプトの1つであり、その場で携帯端末などをつかって即購入できる。すべてがリアルなのである。その売り上げたるやどこに不況があるのかと言うくらい完売の嵐だ。ファッションもリアルなら、売上もリアルである。まさしく「リアルクローズ」というテーマにふさわしいファッションイベントだ。

このブログをご覧になっている方なら誰でも知っている事だとは思うが、その東京ガールズコレクションに初めて着物が参入した。これは私もブログで紹介したが、確かに画期的であり着物をF1層にPRできる大チャンスだ。

ただ、ここで考えてしまった。きものはリアルクローズなのか?ということを。
確かにきものファンは現実的にきものを着ているし、さまざまなスタイリングを工夫したりして楽しんでいる。そういう意味ではリアルクローズである。
ただ、これまで「きものを着せられた」ことはあっても「きものを着た」ことのない人にとってきものはリアルクローズなのであろうか?

きものをファッションというカテゴリーのなかの1つとして捉えるためには、きものの知識や経験など関係なく、簡単に入っていけるものでありたい。ある意味浴衣がいい例だ。浴衣がカラフルになったことで一気に夏のファッションというカテゴリーに仲間入り出来たのも簡単に入っていけたからである。着付けが出来る出来ないは別にしてとりあえず入ってしまおうという感覚だ。これは完全にリアルクローズと言えるのかもしれない。値段も手頃という事もある。きものを着た事がない人でも手軽にきもの体験もできる。


こういう間口の広さがすべてのきものにあればリアルクローズとなるのだろうか?リアルクローズが「現実的な服装」であるならば、きものにも「現実的な価格」「現実的な着やすさ」が必要になってくる。特に「現実的な価格」という面でその証拠に残念ながら、今回の東京ガールズコレクションで出品したきものは未だ1枚も売れていないそうだ。メーカーが直接誰かに販売したというのは別にしてだが、ショップでは問い合わせはあっても売れてはいないそうだ。

もう1つはフォーマルとカジュアルという分類がわからない人が圧倒的に多い。これはきものファンなら誰でもわかることであり、分類がわからないなんて想像出来ないかもしれない。実際には必ずと言っていいほどどこに着て良いのかを聞かれる。振袖はわかる。訪問着も名前からして何となくわかる。でも小紋や紬はわからない。付け下げもわからない。色無地もわからない。これが今の現実であることは間違いない。

ツイッターでのきものの呟きで「友達と出かけることになって着物を着ていったら友達に何で着物?って聞かれて悲しくなった」とか「紬を着てホテルの食事に出かけた時、偶然会った知り合いから今日は結婚式?て聞かれた。紬着ているのになあ」などこういった呟きは非常に多い。要は着物を着る=特別なことという目で見られているのかも知れない。

こういった背景から着物はリアルクローズなのか?と考えてしまった。
これだけ着物好きがいて、これだけいつの日か着物を着てみたいと思っている人は山ほどいるのに、まだ何かが壁になっている。そして微妙に遠い。

これから着物の間口を広げていくにはどうしたらいいのか?このリアルクローズという言葉はもしかしたら最大のヒントになるかもしれない。だから私はあえてこれからもこの言葉を考え続けていきたいと思う。

果たしてきものはリアルクローズなのか?

人気ブログランキングへ
  ↑
ポチッとして頂けるとありがたいです!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
  ↑
こちらもポチッとして頂けるとなお嬉しいです!
今回もお読み頂きありがとうございました。

|

« マインドシェアの獲得 | トップページ | 呉服関連教育ビジネスへの挑戦 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/33776500

この記事へのトラックバック一覧です: きものはリアルクローズなのか??:

« マインドシェアの獲得 | トップページ | 呉服関連教育ビジネスへの挑戦 »