« 浴衣の歴史と長板中形染めの魅力 | トップページ | 入口の自由を奪うな »

2010年5月29日 (土)

自分のパンフレット

本日、アップル社からipadが発売になった。丁度ワイドショーの時間に販売開始とあって、テレビでもその模様が映し出されていた。銀座のアップルストアに開店前にならんだ行列はなんと1200人!先頭の男性はなんと2日も前から並んでいたという。まさにいち早く欲しいという人たちの行列だ。

ツイッターのTL上でも、オンライン予約していた方々が宅急便の到着予定を調べて今か今かと待ちわびているツイートがあり、ひと昔前に体験した新車の納車を待ちわびるような微笑ましい感覚をおぼえた。

私もipadはとても欲しいのだが、私のいる業界ではビジネスユースとしてのipad活用がなかなか見えてこない。本来はプレゼンに非常に有効だとは思うのだが、今の私は学校での講師であったり、セミナーの講師であったり、小売店のコンサルティングであったりとどう使えば良いのかが明確でないため、購入を躊躇している状況だ。

とはいえ、新しいもの好きでアップル関連が好きな私としてはきっとそのうちにあのタブレットを持って、ビジネスとは無縁の使い方をしているのではないかと自分自身を想像したりしている。その証拠モバイルPC用にwimaxを使っているが、ipadのWi-Fi版を購入する魂胆でちゃっかりモバイルルーターを買っているからだ。今はiphoneで利用しているが本来の目的はそうではないのだ。

以前、ビジネスパートナーでもある株式会社凛の柳田社長にipadはネットショップにとってどういう効果があるかを訪ねたことがあった。その回答は今までインターネットで買い物をしたことが無いような人が、簡単で尚かつ商品が見易いipadを使って気軽にショッピング出来るようになるだろうとのことだった。なるほど、それは言えているかもしれない。

まず動作が非常に速くストレスが無い。ネットショップでもHPでも動作が遅かったり、サイトの表示が重かったりするとストレスを感じ、閲覧を途中でやめてしまったりする。ただipadは全くストレスが無い。また画面が大きく商品が非常にキレイに見えるし、タッチパネルであるため難しい操作もほとんどない。

これならば、通常のPCよりも早く、わかり易く、簡単にどのサイトも見られるならば柳田社長がいうように、利用者はかなり増えるかもしれない。ある意味呉服のネットショップはかなりしっかりと商品を見るユーザーが多いから、特にこのipadは有効かもしれない。

また、ショップだけでなく各企業や個人のHPやブログなども同じようにストレス無く見れらるため、閲覧者が増えるだろう。それこそ、名刺交換しながらお互いに各自のHPを見ながら、コミュニケーションを図ったり、会社の詳細を調べることによって、商談のためによりスピーディに確実な情報収集がその場出来るようになるだろう。そう考えると、プライベートのエンターテイメント性もさることながら、ビジネスコミュニケーションツールとしても最強のデバイスになることは確実だ。

そしてHPといえば、遂に私も自分の会社のHPを開設した。起業してからというもの、早く作らなければと思っていたが、最初はなんの実績も無い上にHPだけ立派にあっても意味が無いのではと思っていた関係上、なかなか着手出来なかったという理由があった。

しかしながらいざ出来上がってみると、これまた嬉しいものである。個人事業主であるが、自分の会社の社屋が出来上がったような嬉しい感覚である。これは自分のHPを持っている人なら、そして個人でも法人でも経営者ならそういう経験があるかもしれない。

私のような仕事は、過去の実績がモノを言う。ところが起業したばかりだとコンサルタントしての実績が無いため非常に苦労する。企業に属していた頃の過去の実績はあり、様々なノウハウと人脈はあっても、やはりコンサルタントとしての経験を見られるのがこの仕事の宿命だ。物販のような初期投資が掛からない分、クライアントの見る目は恐ろしいほどシビアなのである。

だから今私が顧問契約をしてもらっていたり、業務提携や講師などをさせてもらっているクライアントは全て、私の人と成りを信頼して頂き、また私の考え方に賛同して頂いた企業がほとんどなのである。それこそ全部といってもいい。
だからこそ、私は誠心誠意その企業に尽くし、結果という利益をもたらさなければいけないのである。これがプロフェッショナルとしての絶対的な使命だ。

またそういう企業があったからこそ、HPが作れ、より私自身の社会的信頼度を上げるための1つの有効手段が作れたのである。だから、今回の私の会社のHP開設は今のクライアントの方々のお陰なのである。これに関しては本当に有り難いことであり、心から感謝している。

今、HPを開設できて思うことは、自社のHPは自分のパンフレットみたいな物だと感じる。自社はどういう会社なのか?自分はどういう人間なのか?どんな内容の仕事をしているのか?そしてどんな実績をこれまで挙げてきたのか?これをしっかりとPRしてくれる自分パンフレットなのである。

その証拠に、これらを初対面時に名刺交換しながら説明するのは、言い方によっては伝わらず、逆に自意識過剰な人間に思われたりとなかなか説明が難しいものだ。しかしHPページなら相手の好きな時に、じっくりと見てもらえる。また仕事の内容やブログ等によってハード面もソフト面も自分の考えていることを伝えることが出来る。

その受け取り方が良いにしろ、悪いにしろ、何かが伝わる。これはビジネスとしては絶対的に有効な武器である。特に今回は企業ブランディングの基本的な方法である統一感に拘った。ブログ、企業ロゴ、社名の字体、名刺デザインとの連動、シンプルで見易いレイアウトなどである。これによって見る側に企業イメージと信頼感が伝わり易くなるのである。

今後HPを見て相談や仕事の依頼がくるとすれば、このHP開設は成功したのだと感じる。自分の会社と自分を知ってもらうための大切な武器として、今後とも大切にしていきたい。

やはり私にとって自社のHPは自分のパンフレットである


是非ともランキングバナーの2つポチをお願いします!更新の励みになりますので!
今日もお読み頂き有り難うございます!!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

|

« 浴衣の歴史と長板中形染めの魅力 | トップページ | 入口の自由を奪うな »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/34928150

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のパンフレット:

« 浴衣の歴史と長板中形染めの魅力 | トップページ | 入口の自由を奪うな »