« 話し手と聞き手 | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に実行する »

2010年6月16日 (水)

描くことの大切さ

全国的にやっと梅雨入りとなった。
こういう場合は当たり前だがふた通りある。空梅雨になるか、夏が来ないか。今の所は空梅雨になるのではという予想が多いようだ。ただ、日本の気候は季節の変わり目にある程度の雨が必要であり、農業も産業もそして生活もその季節の気候を基準にしている場合がほとんどであるため、空梅雨というのも大きな問題である。

特に農業の世界は気候との戦いである。私も数人ほど農業従事者の友人がいるが、話題として共通することは天候である。日照時間や雨量などは最大の関心事であることは間違いない。

皮肉なもので日照時間が少なければ作物の成長に大きな影響を与え、逆に雨量が少なければ農業用水の確保などの水の確保に支障をきたし、結果的にはやはり作物に大きな影響を与える。特に最近は環境破壊が原因といわれている大きな気候の変化によってダメージを受けていることは言うまでもないことである。

もちろん日本の季節に合わせた農業のスタイルが基本であるが故に、農業従事者は自然と年間計画をその経験によって頭の中に描いている。そしてそれを基本としながらその年その年の気候の変化に合わせて、いま何をすべきか?を全てわかっている。これは経験則から形成された知恵だ。

ある店のコンサルティングで目に見えることの大切さを改めて痛感したことがあった。

その店は好立地であり、地元の認知度も高く、呉服小売店としては全国でも屈指の好条件の店である。ところが、最近の売上の苦戦からここ数年どうしても売上の大きい催事偏重型営業の傾向になってきており、その売上を穫る催事さえも厳しくなってきた。そこで私の提唱する店頭営業と催事営業の両輪を回す店運営に共感してもらい、顧問契約することになった。

もともと非常に栄えている商店街に店が位置するため、平日も休日も人通りは非常に多い。もっといえば、ショッピングセンター等にテナントとして入っているインショップ型店舗の客数よりも比べものにならないほど多いのではないかと感じるくらいだ。
しかしながら、そこに長くいるとそれが普通だと思ってしまい、平日の人の流れは少ないと思ってしまう。これも大きな落とし穴になる。他のロードサイド型店舗は、誰も店の前を1日通らないなんて普通にあるからだ。そのなかでも営業しなければならないことを考えると、天と地の差であることを改めて認識しなければならない。

そしてなにより、その気付いたことというのは、目にみえる営業計画表の重要性だ。例えば3ヶ月の流れを文章で捉えると、催事をその期間にいくつ入れようとただの予定一覧となりどこで、なにを、どのようにするのかをキチンと落とし込むことが出来ない。だから物理的に無理なことも、文章の予定表だと普通に入れてしまうのである。これは小売店の計画を出してもらうとほとんどの店舗がそうである。

人間のもっとも優れていることの1つに文字を書くことがあり、さらに絵を描くことができる能力がある。マネジメントを段階に分けた場合に、1つめは「言葉で説明する」がある。2つめは「文章で説明する」である。ほとんどの場合はここまでである。しかし、一番伝わるのは3つめの「絵に描いて説明する」である。

これはなにもお絵描きをするのでなく、だれもがパッと見て良くわかる説明が心底伝わるのである。私の好きなアップルのスティーブ・ジョブズが何故世界一のプレゼンターといわれるかというと、もちろん話し方、抑揚、ストーリー性、アクションなどもそうだが、それをより効果的にしているのは背景にあるkeynoteを使用したアニメーションスライドだ。あれがなければ、いくらジョブズとはいえども伝わらないのではないかと感じる。

話を戻して、その店舗の3ヶ月間を図表にして経営陣に説明してみせた所、皆愕然とした。私も作りながらすでに愕然としていたのだが、なんと3ヶ月の間に催事が7つも入っていたのである。それぞれの催事は平均4日間であるから、単純に考えると90日間の3分の1は催事をやっていることになるのだ。しかも、店頭を強化したいと思っていながら、浴衣や振袖をお店に沢山見にくる7〜9月という絶好の期間にだ。

これこそ、文章だけで計画することの落とし穴だ。私は計画表は必ず図表にするが今回のコンサルティングで改めて「絵を描くことの重要性」を痛感した

ブログ読者の皆さんも、様々な仕事の中で計画表や予定表は必ずと言っていいほど作成することだと思う。
是非とも確認の意味でもそれを図表してみることをお勧めする。そうすることによって気付かなかった見方が生まれるかもしれない。

ちなみ私は美術的な絵は最悪の成績だったことだけ付け加えておく。

とびとびの更新ですが、是非とも下記のランキングバナーの2つポチをお願いします!
今日もお読み頂き有り難うございます!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

|

« 話し手と聞き手 | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に実行する »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/35301867

この記事へのトラックバック一覧です: 描くことの大切さ:

« 話し手と聞き手 | トップページ | 悲観的に準備し、楽観的に実行する »