« 描くことの大切さ | トップページ | 作品と商品 »

2010年6月20日 (日)

悲観的に準備し、楽観的に実行する

ワールドカップ第2戦オランダ対日本をテレビ観戦した後、このブログを書いている。
第1戦のカメルーン戦も日本の良い意味での予想を覆す素晴らしい試合で勝利し、今日のオランダ先でも惜敗ではあったものの素晴らしい試合であったと素人ながら思う。

私は昔からそれでもサッカーは好きで、高校が帝京高校だったこともあり、先輩や同級生にJリーガーも何人かいた。日本代表であったり、今は亡き横浜フリューゲルスのキャプテンを務めた同級生もいる。また、珍しい所で中山雅史選手の愛称「ゴン」の名付け親も同じクラスの同級生であった。もちろん年齢が年齢だけに現役はいないが。

余談はさておき、ワールドカップ前の日本代表は精彩に欠き、岡田監督も進退問題が持ち上がるほど批判をされた。結果を出せない、戦術がおかしいなど、マスコミやサポーターは残酷なほどその時その時の状況から批判し倒した。
以前と違い、ワールドカップに出場することが当たり前になってきたような風潮であり、当然ファン達はその先の結果に夢を見るようになっている。期待の大きさがそういった批判に結び付いていると考えれば無理もないことだ。

私はサッカー観戦は好きだが、専門的なことはわからないので詳しくはわからないのだが、岡田監督をはじめ日本代表選手の面々は相当なストレスやジレンマと戦いながら準備してきたのではないかと感じる。その訳は、本大会の試合を見る限り、正しい準備と努力をしてきたからだと感じ取れるからだ。

当然のことながら、グループリーグを勝ち抜くために、対戦国であるオランダ、カメルーン、デンマークのデータを徹底的に分析し、練習自体も全体的な戦略と各対戦国を想定したメニューで練習を組み立ててきたのだろう。日本代表の持ち味はなんといっても組織力。そしてそれを機能させるためには、レベルの高い戦略と戦術に、代表全体が機能体かすることが絶対的に不可欠である。それがしっかり出来ているということは、相当何かに裏付けれた正しい目標設定とそれを選手全員に理解させる指導力と正しい練習が出来ているということである。

いわゆる「キチンとした準備」が出来ているということなのだ。

私が小売店時代に今でも師匠といえる当時の店長から教わった素晴らしい言葉がある。
「悲観的に準備をし、楽観的に実行せよ」という言葉である。

準備をする段階で、きちんと計画が出来ていてもその通りにいかない、または想定外の問題が噴出する。準備段階というものは誤算の宝庫だ。
しかしながらそれを楽観的に捉えてしまうと、問題点をあやふやにしたり、ひどい時には気付かなかったりして、結局万全の準備とはいかない場合が多い。
だからこそ、あえて悲観的に準備することでこれでもかこれでもかという気持ちで取り組むことが出来る。

そしていざ実行すべき時が来たら、今度は楽観的に実行することが大切だ。実行段階でも不安や悩みなどのネガティブ要素を引きずることは、実行という一番パワーが必要な部分で充分な力が発揮出来ない。これは非常に勿体ないことであると同時に結局それなりの結果しか出てこない。

やはり、本番で全力を出し切り、自分の力以上のものを出すためには、悲観的に準備をして、楽観的に実行するしかないのだ。
当然、準備段階での正しい目標設定や計画立案は大切である。肝心要の部分が誤っていれば、いくら一所懸命に努力したところで良い結果には恵まれない。であるから、戦略的な部分は相当根を詰めなければいけない。

そういう意味では、サッカー日本代表も恐ろしいほどに悲観的に準備をしてきたのだろうなと今日の試合を見て感じた。そういう意味では、どんなにバッシングされても自分の考え方をブレずに、しかも選手達を信じてチームマネジメントを押し進めていく岡田監督はある意味「名将」の称号に相応しい。ただし勝負の世界であるから望まれる結果が出て初めてそう呼ばれて評価されるのだが。

ちなみに間違って欲しくないのは、ここでいう「悲観的」とはすべての事に対して十二分に熟慮して準備するという意味であって、全てを投げ出すことではない。何事も準備はより深く、より適切な目標設定や戦略立案をすべきなのだ。

私も複数の店舗のコンサルティングをしているが、それまでの準備は悲観的というより悲惨である。毎回毎回冷静に数字を分析して、良い方法が見えていても他の問題点が必ず出てくるなどなど、小売店によってすべて問題点が異なるから悲観どころか、時に絶望感漂う気分での準備となる。まさに悲観の極みだ。
しかしながらそれがあるからこそ、入店指導は自信を持って楽観的にできるのである。

誰でも準備段階から100%の自信と確信を持っている人などいない。言葉で大丈夫といっていても内心は不安要素がたくさんあるはずだ。それを認めて深く掘り下げて準備をすることが、成功の近道であると考える。

日本代表はこれからデンマーク戦に向けて、より悲観的に準備をすることだろう。そして楽観的に試合に望むことによって、必ずやグループリーグ突破をしてくれるだろうと信じている。

私も毎日が悲観的な準備だ。そしてお店の方々が笑顔になるために現場では楽観的に事を進める。

すべては良い結果を生むために・・・。


是非とも下の2つのランキングバナーに愛のポチを!
今日もお読み頂き有り難うございます!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

|

« 描くことの大切さ | トップページ | 作品と商品 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

拝見させてもらいました。
応援ポチポチ。

投稿: ピアル | 2010年6月20日 (日) 14時52分

本日室町某所で仕事の打合せ中、ためになるブログの話題で、石崎さんのブログの事を話したら、その人も時々読んでるとの事でした。ネット上では、楽しみにしている無口なファンも多いみたいですね。

投稿: 和的 | 2010年6月21日 (月) 18時35分

toピアルさん
応援有り難うございます!
これからも宜しくお願いします!

投稿: from 石崎 | 2010年6月22日 (火) 00時58分

to和的さん
ありがとうございます!
そうですね、これだけ沢山のアクセスを頂いているということは、そういった楽しみにして下さっている無口なファンの方もいらしゃっるということですからね。

期待に添えるよう、これからも頑張ります!!

投稿: from 石崎 | 2010年6月22日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/35368511

この記事へのトラックバック一覧です: 悲観的に準備し、楽観的に実行する:

« 描くことの大切さ | トップページ | 作品と商品 »