« 作品と商品 | トップページ | 自分のキャパを拡げる »

2010年6月24日 (木)

小宇宙と大宇宙

最近自分のスケジュールが大変なことになりつつある。
基本的にスケジュールが埋まるということは、それだけ仕事の依頼があるということであり、喜ばしいことなのであるが、一番怖いのは「仕事をこなしてしまう」ことである。仕事をこなすのは一見能力が高いことだと勘違いしがちだが、私の場合、仕事をこなしてしまうとその仕事のクオリティが維持出来ない。もちろん常に最高のクオリティという訳にはいかないかもしれないが、そうしようと意識することが非常に大切なのである。

ところが、仕事をこなすようになるとある程度のところに基準をおいて、それを良しとしてしまう。これが続くとその仕事全体のクオリティが結果的に下がる。これはプロの仕事とは言えない。だから自分の能力をきちんと理解した上で依頼を受け、それぞれが自分に出来る最高のクオリティで取り組み続けねばならないと戒めている。

そういった意味で会社勤め時代自営では様々な考え方が変わってくる。もちろん会社勤め時代もそれぞれの仕事に全力で当たっていたが、給与と報酬とではクライアントに対しての責任感が全く違う。会社勤め時代の給与の捉え方は、お客様がお買い上げ頂いた代金の中から給与が出ているという実感が湧かないことが正直多かった。それよりも会社から給与を貰っている方が強い。

一方、フリーになって自分で事業を始めてからは、誰から報酬を貰っているかが、ほぼ明確にわかる。この意識の差が仕事をする上での責任感と高いクオリティの提供をするという使命感に繋がる。この意識は無意識に育っていくから不思議なものである。

そう考えると、自分の仕事をする姿勢の変化は劇的とも言えるのかもしれない。
とかく大企業に籍をおいて仕事をしていた頃は、そこが大宇宙だと思っていたのである。一度そう思い込んでしまうと、ほとんどのことが正しい、または当然と思ってしまう。よくニュースに流れる、上司に言われたから不正や犯罪を犯すというのと全く同じ心理だ。ただほとんどの人が今いる環境を大宇宙として考えてしまう。ある意味仕方がないことだ。


私もそのうちの1人であった。
大きな組織に長い間身を置くと、それがすべておいて通用すると勘違いしてしまう。小宇宙の法則は大宇宙の法則に等しいと思い込んでしまうのだ。良く言われる個人の常識は社会の非常識である可能性が高いという意識を根本的に持てないのだ。

もちろん、その組織で長きに渡って身に付けてきたスキルやノウハウは基本的な部分として大きな財産であることは間違いない。他の仕事をする上での大きな土台となる。それは経験がもたらした智慧であるがゆえに大いに役立つ。ただし、それがすべてだなんて思い上がってはいけない。

もっと簡単に言えば、地球で生まれた私達が他の惑星に地球と同じように住めると思っているのと同じ概念である。こんなことは誰でもわかることだが、実際にこれと同じような考え方でいるのと同じなのであるから恐ろしい。そしてそれに気付かないのはもっと恐ろしい。

私の今の仕事はありとあらゆる小宇宙の塊の中での仕事だ。ある意味大宇宙なのかもしれない。太陽のような燃え盛る星だけで構成された小宇宙もあれば、なんの光も熱も感じることが出来ない冷たく冷えきった小宇宙もある。それぞれ異なった小宇宙の集合体である大宇宙に、1つの小宇宙の考え方を持ち込んだところで、それが通用する訳がない。

これをフリーになって痛感した。私の仕事で最も大切なことは、その小宇宙の法則をきちんと理解し、その良い面をより活かしながら、新しいノウハウという法則をプラスしていくことで、大宇宙に適合させていくことであると自負している。

当然大宇宙に適合しないやり方でその小宇宙を無理矢理引っ張ろうとするとブラックホールに飲み込まれていく。そして宇宙の藻くずとして消えていくのである。

少し例えを引っ張りすぎたが、簡単にいえば、身に付けたスキルや考え方をそのまま下ろすのではなく、それぞれに違う環境の小売店の現状をきちんと認識して、それらに一番合うやり方を構築して提案する。これが私の仕事に一番大切な要素だと考えている。

無理にノウハウを押し付けるだけでは、その店に定着しないどころか、どんどんその店を追いつめていくことになる。
1つの小宇宙を知ったのならば、その他の小宇宙も知る努力をすることが大切である。そしてそれもまた自分の経験と知識と智慧となり、結果的に大宇宙も輝くのである。

小宇宙は大宇宙がなければ存在出来ない。

大宇宙がなければ小宇宙は生まれない。

そしてそこに生きる星たちを輝き続けられるようにすることが、私の仕事である。


是非とも下のランキングバナーの2つをポチットして下さいませ!!
今日もお読み頂き有り難うございます!!

人気ブログランキングへ    にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

|

« 作品と商品 | トップページ | 自分のキャパを拡げる »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/35455429

この記事へのトラックバック一覧です: 小宇宙と大宇宙:

« 作品と商品 | トップページ | 自分のキャパを拡げる »