« 自己否定する勇気 | トップページ | 成人式という間口 »

2010年12月28日 (火)

年末のご挨拶(クライアントに向けたものです)

ごあいさつ
本年は誠にお世話になりました。
呉服業界を取り巻く環境は依然として厳しく、2009年度呉服小売市場の最終売上規模は3420億円という数字が発表されました。
小売、卸業、メーカー及び生産者、業界に従事する様々な業種も全てといって良いほど前年を下回る実績という非常に厳しい状況であります。

ただし、その中でも前年を上回っている企業も徐々に増加傾向にあることも事実です。また中期予測としての小売市場規模は今期である2010年度は3000億円、2011年度は2800億円と更に減少傾向にはあるものの、底打ち感が出始めていることも事実です。

その大きな要因として、上記の市場売上規模3420億円には写真館や小売店のきものレンタル売上は含まれておらず、その売上規模も2000億円と拡大しつつあり、それを含めれば呉服小売は5000億円強の大きな市場であるということも再認識し、そういう意味でも底打ち感と言っていいのではないかと思います。

ここで我々が考えなければいけないのは呉服市場はすでにデフレ型ビジネスであることを理解せねばならないのに、未だにインフレ型ビジネスを続けているのではないかという「気づき」です。
消費者が感じている消費価値観や高額商品に対する認識のズレが呉服業界と消費者の間に大きな溝を作っているのではないかということを今一度気づくことが重要であると思います。

2010年を終え、新たに2011年を迎えるにあたって、私達呉服に携わる者がまず目を向けなければならないものは「顧客を改めて知る」ということなのではないでしょうか。是非とも実りある1年にしていきたいと思いますし、今後の私としてもそのお手伝いを全力でさせて頂く所存です。

今後とも宜しくお願い致します。


(これは当社クライアント様に向けたレポート形式の年末挨拶です。実際にはこのあとに全国の小売店の生の情報や現状と振袖商戦に向けたマーケティング結果から考えつく提案やアドバイスなどをまとめ、クライアントには送っています。それ以外の方でご希望の方は当社HPの「お問い合わせ」から企業名、お名前、ファイル形式(PDFまたはWord)などを記載の上お知らせ下さい。もちろん無料です)

|

« 自己否定する勇気 | トップページ | 成人式という間口 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/38242590

この記事へのトラックバック一覧です: 年末のご挨拶(クライアントに向けたものです):

« 自己否定する勇気 | トップページ | 成人式という間口 »