« 第1回呉服業界若手経営者の会の感謝とまとめ | トップページ | 第2回呉服業界若手経営者の会タイムスケジュールについて »

2012年1月 5日 (木)

第2回呉服業界若手経営者の会の詳細及びご参加依頼について

第2回呉服関連企業若手経営者の会日程について

新春あけましておめでとうございます。皆様に於かれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます
さて、先日よりメール及びTwitter、Facebookなどでお知らせして参りました第2回目の「呉服業界若手経営者の会」開催にあたり、詳細が決定致しましたのでお知らせ致します。
また、ご参加をご希望の方は、お手数ですがKDCPlanningまでメール、またはTwitter、Facebookでのダイレクトメッセージにてお知らせ頂けますよう宜しくお願い致します。

会期時期   2月14日火曜日 13:00〜17:00
       京都府中小企業会館 (会議室の室番号は再度お知らせします)
       〒615-0042 京都市右京区西院東中水町17番地
(西大路五条下ル東側)
        TEL.075 (314) 7171 FAX.075 (322) 3770
        http://www.chusyo-kaikan.jp/access.htm
内容     ①きくちいま氏による特別講演(着物を楽しむとは何か?)
       ②大原和服専門学校学生による「私が考える羽織物スタイリング」
       ②KDCPlanning代表石崎による業界未来展望と適正価格の必要性
       ③全員によるディスカッション形式の討論会
        取引したい小売店、問屋、メーカーとは?
        取引したくない小売店、問屋、メーカーとは?
       ④懇親会(ご参加の方はメールにてお知らせください)
参加者    呉服関連企業の若手経営者(年齢は問いません)
       経営者以外でも、志ある若手従事者も歓迎
       またきものファンの聴聞も歓迎
会費     無料 
       参加者の方々から逆に有料化すべきというご意見を頂いておりますが、
       今回も無料にて事前告知をした関係上、継続して無料とします。
       次回からは低額ですが有料化させて頂きます。
* 呉服業界若手経営者の会では小売、問屋、メーカー、悉皆、生産者においての消費者の創造ができる新たな流通の形作りを目標としています。この若手の会が呉服業界での聖域なき議論の場となればと思います。明日の業界を危惧し希望を持つ沢山の若手の方々のご参加を心からお待ちしております。

お手数ですが参加ご希望の方は下記までお知らせください。
    発足人    KDCPlanning 代表 石崎 功
         e-mail    info@kdcplanning.com
          URL http://kdcplanning.com
          Twitter @KDCplanning
          Facebook 石崎 功(いしざきこう)

|

« 第1回呉服業界若手経営者の会の感謝とまとめ | トップページ | 第2回呉服業界若手経営者の会タイムスケジュールについて »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。二人の娘を持つ母です。
先日、就活が始まった娘から、着物業界か宝飾関係の仕事に就きたいと相談がありました。どちらも正直怪しい業界のようなイメージがあり、ノルマを課せられんじゃないかとか、高額商品を買わせられるんじゃないかとか、心配になって色々調べていたら、こちらにたどり着きました。
長女は昨年成人式を迎え、某大手のメーカーさんで振袖を購入しました。そちらは接客もとても丁寧だったのですが、私は疑い深いというか、きっと次女もいるからお客を逃すまいと必死なのでは?と思ってしまいます。
ひねくれているのかもしれませんね(笑)何かとイベントが開催されるのですが、担当者の方は『買わなくてもいいんですよ。目の保養に是非いらしてください。』と。これまでに2度長女と行きました。
着物の展示会でしたが宝飾物もありました。その中でも着物の職人さんの仕事ぶりや匠の技が手に取ってみることが出来たので、長女はとても興味を持ったようでした。
職人さんになるのは無理だけど大好きな着物の仕事に就きたいと思ったようです。
親としては、娘の好きなようにさせてあげたいのですが、このご時世、どの業界も厳しいのはわかっていますが、特に着物業界は大丈夫なのかと心配です。悪徳な商法をやっている会社に入ってしまわないかとか、いろいろ考えてしまうのです。
そこで、注意すべき点などありましたら教えて頂きたいと思っています。
長くなってしまい申し訳ありません。

投稿: 前田 | 2012年1月19日 (木) 09時14分

前田さんへ。

去年、呉服屋に就職して1ヶ月少々で退職した者です。
私が居たのは大手ショッピングモール内に入っている、チェーン展開してる呉服店の一つです。

娘さんが具体的にどういう考えで呉服業界にと思っているのかにもよると思います。
自分が着たいのか。
色んな人に着物を着て貰いたいのか。
その両方なのか。
正直、給与が良いので、着物は嫌いだけどお金が好きだからという理由の人も居ます。

もし、着物が好きだから、着たいし、着て貰いたい。
そういう理由なら、着物を着ている販売員さんが必ずいつも居る所が良いでしょう。
着ない販売員しか居ない所もあります。
そういう所だとガッカリする事が多いと思います。
逆に給与面で選ぶ人には馴染み易い環境かもしれません。

百貨店に入っている呉服店でしたら
強引な販売をさせないと思うので
(百貨店のイメージがあるので百貨店側からの目も厳しいかと。)
勤めるのに安心かと思います。
ですが、長く勤めれる環境ではあるので
なかなか枠が無いかもしれません。

販売会や展示会、催事といわれるモノが少ない所が良いとは思いますが、業界での「少ない」はどれ程なのかは私も知りません。

もし着物が好き!着たい!着て貰いたい!なら
呉服屋就職でなくても、マネキン登録なども選択肢の一つかと思います。
呉服店の催事や、百貨店での呉服催事などで活躍する着物を着たコーディネーターさんなどです。


ざっと思いつく事を書きましたが
石崎さんから頂く(既に頂いてる?)アドバイスと合わせて
参考にしていただけたらと思います。


石崎さん、人様のブログについたコメントに
長々と失礼致しました(汗)

投稿: 中島 | 2012年1月21日 (土) 02時34分

前田様

はじめまして。
お嬢様の就職に関わることなので、こういった場で簡単にお話しするのは難しいことかと存じます。
ただ、1ついえることは、なんの分野でもそうですが誰かに何かを「売る」という仕事は好きなものを「商品」として捉えなければいけません。そして残念ながら呉服店は過去の過ちやそのイメージから「騙す」「無理矢理売りつける」などというキーワードを連想する方も少なくありません。
しかしながら今、呉服業界も若い世代に経営者が世代交代しつつあり、変わり始めています。また、消費者保護の法が整備されたこともあり、かつてのような強引な販売をするような店も少なくなりました。
また大型店においては特定商取引法や消費者契約法の絡みもありますので、そうそうに法に抵触するような企業は今はありませんのでご安心ください。

またご理解頂けるかどうかは解りませんが、いま着物を着る若い世代の方々が男女を問わず増えてきています。ですからこれからどんどん変化していく可能性のある業界であるとも言えます。

色々と申しましたが、お嬢様が売る仕事をしたいのか?作る仕事をしたいのか?でも変わってきますので一概には言えませんが、まずは求人をしている小売店へ出向き、色々と情報収集することがよろしいかと存じます。
また、個店、チェーン、百貨店を一概に比べることは出来ませんし、それぞれ経営の仕方も違いますので善し悪しどうこうを簡単に判断するべきでもありません。

仕事は自分が心の底からやりたいと思うことを働きたいと思える職場ですべきですし、それを選択するのもご本人次第だと思います。
そして着物に限らず、食品でも自動車でも、アパレルでも、商社でも公務員でも悪い組織は存在しますし、素晴らしい組織も存在します。まずは着物業界だからという目でなく、できれば先入観無く見て頂ければ幸いです。

全くお答えにはほど遠いコメントで申し訳ございません。微力でもお役に立てれば幸いです。

投稿: from 石崎 | 2012年1月23日 (月) 01時22分

中島さまへ

アドバイス、ありがとうございます。娘は自分で着付けがまだ出来ませんが、いつか自分で着れるようになりたいと思っているようです。
今月末に娘の所に行く予定なので、中島さまや石崎さまのアドバイスをもとにじっくり話をしてみようかと思います。
ありがとうございました。

投稿: 前田 | 2012年1月24日 (火) 23時48分

石崎さまへ

お忙しいのにお返事ありがとうございます。
石崎さまのおっしゃる通り、悪いところは何処でもありますし、立派なところもありますね。当たり前の事なのに見えていなかったようです。
申し訳ありません。
私も着物が好きで、子供たちの入学式や卒業式には着物で出席していましたから、娘から着物業界の仕事に就きたいと聞いたときは私自身も嬉しかったし、娘らしいと思ったほどです。
娘は作るほうではなく、販売のほうを希望しているようです。
私も娘がやりたい仕事に就けるように祈るだけです。
石崎さまのおかげで心配が安心に変わりました。
ありがとうございました。


投稿: 前田 | 2012年1月25日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/43629569

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回呉服業界若手経営者の会の詳細及びご参加依頼について:

« 第1回呉服業界若手経営者の会の感謝とまとめ | トップページ | 第2回呉服業界若手経営者の会タイムスケジュールについて »