« 石崎流「元気なお店の作り方」 | トップページ | 西陣で伝えたかったこと »

2012年6月27日 (水)

あこがれのハワイ航路

ALOHA!

などと浮かれつつ、久しぶりのハワイ旅行を私の新婚旅行を兼ねて面白いメンバーで行ってきた。

そのメンバーは私のクライアント先でもある九州の大型きもの専門店オーナーとそのお姉様、京都の大手問屋D社社長のO氏とK社社長のN氏、そしてクライアント先さんのお客様(いわゆる一般着物ユーザー)と私の妻である。

今までハワイに限らず海外旅行というとどうしても現地オプショナルツアーやバスやタクシーの名所や有名店などガイドブックでの移動となり、ありきたりの内容になってしまいがちだったが、今回はクライアント先さんのオーナー姉弟が若い頃ハワイに居住していたこともあり、レンタカー移動&そのオーナーさんの案内で今までに無いハワイを満喫することが出来た。心の底から感謝感謝である。

そして夜はその濃い同行者で毎晩夜中まで熱い業界討論となった。
昼間は旅行だからこそのオチャラケお楽しみモードから一転、夜は業界の流通においての問題点や改善すべきこと、未来創造など、コンサルタント同士ならばただの討論会で自己満足に終わりそうなところだが、相手は室町の実力者であり、有力な専門店オーナーでありと若手経営者としての評判も高い人達。私もこんなチャンスは滅多に無いと思いっきり提案や問題を遠慮なく投げかけた。
それにもまして、ユーザーの立場である方のダイレクトな意見も入り、連日有意義であった。

出たのは「問屋の役割は何なのか?」「業界人が着物を着てまず着物を知ることの重要性」「メーカーも生産者も小売も問屋も流通カテゴリの取引はすべてフラットでなければいけない」「着物ユーザーを向き、生産者を向く卸」「ITインフラの重要性の再確認と実行」などなど他にも様々な話題が出た。

流通段階での問屋、いわゆる前売問屋と言われるカテゴリは確かに問題点も多く、色々言われているが、私は以前から「何といわれようと問屋は絶対に必要なカテゴリである」と言い続けてきた。これは今でも変わらない。
そして今回同行した室町の大手問屋の若き経営者は「業界人のきもの意識」に皆さんが思っていることと同様の大きな問題点を感じていた。

ならば「経営者なのに何故すぐに変えられないのか?」という疑問も湧くだろう。これに関しては経営者とは言え、考え方を社内に浸透させていくことは容易ではないのだ。これが数百名の社員を抱える大組織になればなるほど、その時間は掛かるものである。何にしても、会社としての収益維持をしつつ、様々な改革をしていくのは確かに時間がかかり、長く根付いた社風や社歴の長い人が多ければ多いほどその発想の転換は恐ろしいほどの労力がいる。

ここまで書くとただの問屋擁護の言い訳にしか見えないかもしれないが、私がここまでいうのは、今回感動したことがあるからだ。

何故なら今回の旅で浴衣を着て食事会をしたのだが、これは私が提案したのではなく、この問屋の若手社長から「私のドレスコードは着物です。だから1日でいいから着物を着ましょう!」という提案があったからである。
この提案は本当に嬉しかったし、ポーズではなく心の底から着物が好きで、着物を扱い会社だからこそ、自らが着物を着る楽しさやそこから得るものをユーザーや取引先へ発信していきたいという思いを熱く語る姿に未来への光を感じたからだ。

「売る為の着物と言う商材」から「感動商材である着物」へ。

これは着物を楽しむユーザーはもちろんのこと、ものづくりに携わる生産者やメーカーだけでなく、その思いを乗せて着物をという商材を多くの人に提供する問屋にも同じ思いの人がたくさんいて、なんとか変革していきたいというと思っていることを確認出来たことだけでも、私にとって非常に意味ある旅であったと感じる。


それにしても、私はこういう旅でも仕事というか業界ネタが付きまとう。そういう星のしたに生まれたのかなという錯覚に陥るほど業界のことが頭から離れない。
またしても父の教えを思い出した。

「仕事以外の趣味などとオマエごときの人間が思うな。この業界はいくつになっても赤子と同じ。寝食も含め全て仕事と思え。それが出来ないなら呉服業界で仕事するなどと甘えたことを言うでない」

「憧れのハワイ航路」はやはり仕事に続いていた(笑)

|

« 石崎流「元気なお店の作り方」 | トップページ | 西陣で伝えたかったこと »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

浸食すべて仕事と言われたお父様すごいですね、きもの離れさみしいです。業界で頑張っていらしゃるかた沢山いますのにどうしてでしょう、知り合いの呉服屋さんでも毎年大勢の方が振袖を購入されていますが成人式以外使われていないようです、成人式の着付けをしながら活用することをお勧めしているのですが。

投稿: 井上照子 | 2012年6月27日 (水) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/45925146

この記事へのトラックバック一覧です: あこがれのハワイ航路:

« 石崎流「元気なお店の作り方」 | トップページ | 西陣で伝えたかったこと »