« 自由を制約すると基本も崩れる | トップページ | モノづくりのモラルと法律 »

2014年3月 9日 (日)

正義の味方は最後に正義も滅ぼす?

人間はどうしても自己都合で動く生き物です。
高い知能と言語を持ち、社会性を兼ね備え、人間が人間のために生きやすい環境を作ることが出来ます。そして豊かな感情によって人間同士が助け合い、愛しあい、共存共栄の道を作ることも出来ます。
またより豊かな生き方ができるように「経済」という概念を人間の歴史の中で人間が作ってきました。

すべて人間による人間のための世界に人間の考えによってすべてを創りあげてきました。人間はすごい生き物です。

でもその人間の良かれと思う常識や概念は時にとても大切なモノをなくす結果を招いたりもします。

奄美大島でハブとマングースの有名な話があります。

猛毒であるハブは沖縄諸島や奄美諸島などに広く生息し、昔から人間や家畜に対して大きな被害をもたらしてきました。
特に奄美大島はその生息数が多く深刻な問題でした。島民をはじめ行政もあいまっていろいろな対策を打ったそうです。

例えば、イタチを2500頭以上放ったりしましたが、ハブの前には敵ではなくあえなく全滅。次の手として毒薬を散布したそうですが、結果的にそれが海に流れ出し海洋生物に影響を与え中止。そして最後の正義の味方としてマングースに至ったそうです。

1979年に30匹ほどのマングースを島に放ちましたが、島民が期待した正義の味方マングースはハブではなく、奄美の大切な天然記念物である動物たちを次々に狙ったそうです。
奄美大島は日本のガラパゴスといわれるほど、世界的にも貴重な動植物が存在する日本の宝の島の1つです。数百万年もかけて創造されてきた貴重な楽園であったはずが、人間が人間のために良かれと思ってやったことが、結果的に長い年月をかけて作り上げてきたものを破壊する結果を招くという現実が起こってしまったのです。

いまでは奄美大島には自然繁殖によって膨大に増えたマングースが約1万匹いると言われ、正義の味方として人間が投入したマングースは奄美大島の悪の化身として扱われ、同じ人間が1頭残らず撲滅する方向で捕殺作戦を繰り返しているようです。

人間が人間の常識で考えたことが大切なものを滅ぼす結果になることは他の事例でも山ほどあります。しかしながらどうしても私達は目先の幸福感や盛り上がりなどで、深い議論や検証をせずに走ってしまうことは多々あります。
そしてその結果大切なモノを失くす後悔をしてしまうのです。

着物文化もモノづくりの文化と着装文化と伝統文化という側面を持っています。受け継がねばいけないことや進化しなければいけないことや、護らねばいけないことなどそれぞれに観点や方法論が異なってきます。

人間が創りあげたものは残念ながら人間がどうにかしなければなりません。
だからこそ目の前の正義や考えは本当にそうであるのか?を色々な目を持って判断しなければいけないのだと思います。

私にはなんの力も大した影響力もありません。
ですが正義だと信じたものが正義まで滅ぼすような結果だけは避けたい。
そう心から思っていますし願っています。



|

« 自由を制約すると基本も崩れる | トップページ | モノづくりのモラルと法律 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、Twitterをフォローさせていただいてます。
職人として働いていると小売店や問屋の事があまり分からない
ので何時も勉強になるので楽しみに読ましていただいています。
私は45歳で和装小物などの無地染めをしているのですが無地染
の職人も高齢化して後数年で職人が天然記念物になるのではな
いかと心配しています。まわりの自分より若い染職人や湯のし
職人が加工賃では生活できないと廃業するのを見て歯がゆい思
いをしています。ほとんどの製造問屋さんも最近は金銭面は別と
して大切に接してくださいますが今でも自分の事しか考えずに
着尺生地を細かくきざんで一色200円で多色染め出したりロッド
の多少大きな物は特価で出されるので働いても日当も出ない悔
し思いもしています。自分は若い頃に忙しい時もあったのでまだ
恵まれていますがこれから職人になる人が生活できるか心配です。
本当に製造現場を残すのも今が最後のチャンスです。

投稿: 無地染職人 | 2014年3月 9日 (日) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1284655/55303715

この記事へのトラックバック一覧です: 正義の味方は最後に正義も滅ぼす?:

« 自由を制約すると基本も崩れる | トップページ | モノづくりのモラルと法律 »